大平大神楽

おおたいだいかぐら

所在地 : 青森県八戸市

種別 : シシ芸

この大神楽のはじまりは、江戸時代に庶民の間にはやった「お伊勢参り」に由来すると言われます。大きくて赤い獅子頭なので大神楽ですが、一説には、代参(だいさん)の神楽すなわち代神楽という説もあります。
南郷区の大平大神楽は、伝承は不明ですが、南部町(旧名川町)の五日市(いつかいち)や助川(すけがわ)の大神楽ときわめて似ているといわれています。
毎年1月に春祈祷を実施しているほか、南郷区郷土芸能発表会の出演や老人ホームへの慰問など幅広く活躍しています。