大石虎舞

おおいしとらまい

団体名 : 大石虎舞組

所在地 : 岩手県釜石市 唐丹町

種別 : シシ芸

大石虎舞は、大石に伝わる郷土芸能がなかったことから、昭和27年に三陸町根白から指導者をお願いし習得しました。同年から天照御祖神社式年大祭に大石の催し物として祭りに参加しています。
大船渡市三陸町吉浜根白に伝承される根白虎舞の発祥は不明ですが、明治時代に現在の県知事にあたる県令が吉浜を巡視した際の歓迎の余興として、途絶えていた「虎舞」を復活させ、今日まで続いています。近松門左衛門の浄瑠璃『国性爺合戦』の中の「虎退治」のエピソードに因んだもので、和藤内と虎の戦いが見もので、大石虎舞も同様に継承しています。