高館駒踊

たかだてこまおどり

Takadate Komaodori

団体名 : 高館駒踊保存会

所在地 : 青森県八戸市

種別 : 踊り(三陸国際芸術祭過去出演団体)

三陸国際芸術祭出演 : 2017八戸プログラム

享保年間に吉田有之助と吉田嘉左衛門の二人が発起人となって農村の娯楽としてはじめたものと言われている。昭和34年青森県無形民俗文化財に指定。
平成11年7月に、高館駒踊保存会、高館地区子ども会育成連絡協議会、高館地区連合町内会、3者のタイアップにより、小・中・高校生を対象とした伝承活動を立ち上げ、現在に至る。
平成13年1月USN国際交流団の一員としてアメリカで駒踊りを披露、アメリカに”KOMAODORI”の名を知らせる大きなきっかけとなった。

It is said that Takadate Koma Odori was founded by Yunosuke Yoshida and Kazaemon Yoshida in the Kyoho era, as a form of entertainment in the rural areas. It was designated as an important intangible folk cultural property of Aomori prefecture in 1959.
In July 1999, the Takadate Koma Odori Preservation Society, the Child Development Liaison Association of Takadate District, and the Takadate District Union Neighborhood Association worked together in putting on inheritance activities for the local students in elementary to high school.
In January 2001, they performed the Takadate Koma Odori in the U.S. as part of the USN International Exchange Group, making the name “KOMAODORI” be widely known.