鮫神楽

さめかぐら

Same Kagura

団体名 : 鮫神楽連中

所在地 : 青森県八戸市 八戸市鮫町字上鮫

種別 : 神楽(三陸国際芸術祭過去出演団体)

三陸国際芸術祭出演 : 2017 大船渡、八戸プログラム 2018 八戸プログラム

鮫神楽は、史料的には二百年以上の活動歴があり、嘉永年間作成の台本があります。特徴は、山伏神楽の18演目のほかに、歌舞伎を取り入れた「安宅関勧進帳」など14演目の『組舞』と『墓獅子』があります。1968年には国立劇場小劇場で2日間に渡って18演目を上演しています。尚、1994年にも2度目の国立劇場の舞台を踏んでいます。特定の神社に属さない、愛好者集団である鮫神楽は後継者難に面しています。1971年より毎年実施している、小中高生を対象とした後継者育成のための伝承会や、外部アーティストなどとの交流により、近年盛り上がりを見せています。

The Same Kagura is the traditional kagura of Samemachi, Hachinohe. It is one of the kagura that were brought to the Tohoku region by practitioners of shugendo, and is now passed from generation to generation by enthusiasts.
Its repertoire includes yamabushi (mountain hermit) kagura pieces such as the gongenmai, as well as the “Hakajishi,” in which we can see today the amalgamation of Buddhism and Shintoism.
Hachinohe has served in modern times as a trading port that connected the region with Edo (now Tokyo) and the Kansai region. As such, its 12-piece repertoire includes combination dances, such as the “Atakanoseki Kanjincho,” which are entertainment-heavy pieces influenced by kabuki and other arts.
【Movie】
https://www.youtube.com/watch?v=imTxcuKMPYY
https://www.youtube.com/watch?v=Y_EdBX4Pa5c