鵜鳥神楽

うのとりかぐら

Unotori Kagura

団体名 : 鵜鳥神楽保存会

所在地 : 岩手県普代村 普代

種別 : 神楽(三陸国際芸術祭過去出演団体)

三陸国際芸術祭出演 : 2019冬

鵜鳥神楽は山伏神楽の典型的な神楽で、普代村鳥居に鎮座する鵜鳥神社の神霊を移した獅子頭を権現様として、毎年1月から3月にかけて大漁成就・五穀豊穣や家内安全などの祈祷を行なうため巡業している。この巡業は岩手県久慈市まで北上する「北廻り」と同県釜石市まで南下する「南廻り」を各年で行なう。神楽を受け入れる地域の人々からは「鵜鳥様」と称される。このような巡業形態は、全国的にも類例がなく、貴重な習俗が継続されていることから、平成27年に国の「重要無形民俗文化財」に指定された。

The Unotori Kagura is a typical yamabushi (mountain hermit) kagura. It worships shishigashira into which the spirit from Unotori Shrine in Torii, Fudai village entered. It tours villages to pray for a rich haul, a bountiful crop and safety of family from January to March every year. The tour proceeds in Iwate, northbound to Kuji city and southbound to Kamaishi city in alternating years. Local residents host the kagura intimately calling “Unotori sama.” Since this form of the tour is unique and it maintains rare customs, Unotori Kagura is designated as the Intangible Folk Cultural Property by the state in 2015.

【Movie】