雁舞道七福神

がんまいどうしちふくじん

Ganmaidou Shichifukujin

所在地 : 岩手県大槌町 安渡

種別 : 踊り(三陸国際芸術祭過去出演団体)

三陸国際芸術祭出演 : 2021

大船渡で踊られていた七福神舞が大正初期、三陸町に伝えられました。その後、その宿の人が釜石に移住し、東前青年会の依頼で子供たちに教えたのが東前七福神の始まりとされます。 雁舞道の七福神は、昭和28年当時、地区青年会の希望により、東前から指導者を招いてこの踊りを習得した。 踊りは座敷踊りであったものをテンポの速い囃子にアレンジし、踊り手は男子小学生を主体として踊り継がれ、青少年育成に寄与してきました。