上亰鹿子踊

かみよししおどり

Kamiyo Shishiodori

団体名 : 上亰鹿子踊保存会

所在地 : 岩手県大槌町 大槌

種別 : シシ芸(三陸国際芸術祭過去出演団体)

三百年ほど前から伝わるとされ、房州生まれの人が釜石栗林 (沢田)で若者衆に鹿子踊りを伝授したことからその周辺に踊りが広まり、上亰地区にもこの踊りが伝えられたとされます。この踊りは、別名「房州踊り」と 云われ、元々地元に伝えられていた念仏踊りと融合し現在の踊りが形作られたと推測されます。鹿子踊の特長は必ず踊る前に褒め唄を歌ってから踊る事で、門・座敷・宿などを褒めます。大槌稲荷神社・小鎚神社祭礼を初めとし、地元和野大明神・八幡神社の祭礼の他、仏事の供養等で踊ります。