中須賀大神楽

なかすかだいかぐら

Nakasuka Dai-Kagura

団体名 : 中須賀大神楽保存会

所在地 : 岩手県大槌町 本町

種別 : 神楽(三陸国際芸術祭過去出演団体)

三陸国際芸術祭出演 : 2021

江戸時代末期が起源とされ、明治前期に組織化され現在に至っています。伝承地の中須賀地区は、小鎚神社里宮に隣接しており、東日本大震災の津波により町内町方地域は家屋も全壊し、獅子頭をはじめ全ての用具・装束・山車など流失しました。伝承者のほとんどは町内外の仮設住宅などに転居し、伝承活動の継続が危惧されましたが、伝統芸能復興支援とメンバーの熱意により活発な伝承活動が再開されています。特徴は、獅子頭に牙がなく「雌」であると言われ、顔の表情も柔和な顔立ちをしています。歯並びは獅子頭の中心に一枚歯があり、それを中心に左右に配置されています。