砂子畑道々虎舞

すなごはたししおどりどうどうとらまい

所在地 : 岩手県釜石市

種別 : シシ芸

砂子畑道々虎舞は明治時代が起源で、片岸虎舞が源流である。「徳川時代中期、浄瑠璃作家近松門左衛門作、国性爺合戦(千里ケ竹)における和藤内の虎退治の場面からこれを舞踏化したものが虎舞である」という片岸虎舞が源流となっている。
近年は伝承者も少なくなってきたため、それぞれの神社の祭典には、応援をし、交流を深め、芸能発表会などでは合同参加している。